炭水化物はダイエットの天敵


ご飯やパンなどの炭水化物は過剰に摂取すると太りやすいためダイエット中は控えた方が良い、とされていますが、炭水化物を抜いてしまうと栄養に偏りが起きてしまうばかりか、体力不足になってしまいます。

腹持ちの良さや豊富な栄養を考えても一日の中で少しでも食事に炭水化物を取り入れた方がいきいきと健康的に行動できそうです。

炭水化物を摂りながらも太らないようにする、もしくはダイエット中に炭水化物を取りながら痩せるにはどうしたら良いのでしょうか。

そこで、大事なのは、炭水化物を摂る時間と他の食材との組み合わせです。まず、時間ですが、夜ご飯に炭水化物を多く摂ると太りやすくなります。炭水化物は体内で身体が動くときのエネルギーに変わります。

しかし、これから寝るだけの夜ご飯に炭水化物を摂ってもエネルギーに変わらず余分な栄養素として蓄積されてしまうのです。

ですので、夜ご飯は炭水化物を減らすか、よりダイエット効果を高めたい人は炭水化物を無にしても良いでしょう。全く無にしてしまうと夜中にお腹が空いてしまう、という人は、満足感を得るためにも、お茶碗の四分の一程度のご飯までならば太ることはないでしょう。

腹八分目に食べることで、胃に優しく、もたれませんので、ダイエットだけではなく、健康のためにも夜ご飯を軽めにすると良いです。夜を軽めに済ますことで、翌日の朝食が美味しくいただけますので試す価値ありです。

ダイエットのためには晩御飯ごと抜いてしまう人もいますが、翌日のドカ食いに繋がりますので、おかずだけでも夜はある程度口にした方が精神的にも身体的にも良いでしょう。また、脂肪分の高い料理と炭水化物の組み合わせは厳禁です。必ず太ります。

カレーライスはとても油分が多い料理ですので、ダイエット中は避けた方が良いでしょう。ピザやクリームシチューも要注意です。ご飯には、やはり和食のメニューが栄養もバランスが取れていてヘルシーでおすすめです。

食事の量を減らしたい吸収を悪くしたいなどの場合はしっかりとお水、お茶などを飲むと良いでしょう。特に食前に飲むのがお勧めです。ゼロカロリーの飲むものをチョイスしていくとどんどん成果に繋がすはずです。

ダイエットに最適なダイエット用のお茶などにするともっとよいかもしれませんね。参考サイト:人気の痩せるお茶